スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Formula Renault 2.0で出撃だ!の巻き

2016.03.18 08:35|iRacing
レースシムファンの皆さま、お久しぶりでございます。
iRacingは今週から2016 Season2が開幕です。

今シーズンも多くのUpdateがあり、新車が何台もリリースされました。
新RoadSter、GT3 2車種、Fomula Renault 2.0です。レナルトじゃないよルノーだよ。
なんだろうとか思っててさ、ルノーなのね(爆笑)。
2016-03-18 00-56-56_0

そんなFormula Renaultですが、テストで乗ってみたところ、
デフォルトのSetだととても安定しています。
フォーラムに置いてあった速い人のSet落としてきたけどそれでもド安定。
基本的に安定しているのか、俺の走り方が変わったのか?
とにかくとてもレースしやすいです。

そんな訳で早速レースに出場してみました。
1戦目は予選ノータイムで最後方からスタート。すぐに事故に巻き込まれ撃沈。リタイア。

2戦目はなんとポールポジションゲット!
SoF低くてゼッケン2だけどね(^^;

地獄の軍団ヘルメットで手下を引き連れ爆走だ!
ってのが上の図です。ふふふ。

2016-03-18 01-03-59_0

最近のレース形式に慣れてなくて、うっかり予選のSetのままレースに出場してしまい、
ガソリン補給で大きく順位を下げることになりましたの図。結局8位でゴールでした。

成績は悪かったけど、数週トップ走ってドキドキしたし、クラッシュせずに完走できたし、
なかなか良い復帰戦でした。

ロードのiRating下がりまくってるので、今シーズンは沢山走って、地獄の軍団構成員を増やします。頑張るぞ!

Comment

非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム

プロフィール

goalgauskas

Author:goalgauskas
もう45歳なので下ネタ禁止でチンこ~。
最近はiRacingばかり遊んでいます。
ドラムは1年叩いてないぞ!

iRacing近況

※2016年11月24日現在
主シーズン戦:Season4は未出走
順位:Season4は未出走
--
--
Road SR:クラスA 4.60
Road iRating:3003
Road戦績 ・599戦39勝
・5位以内 33.56%
・1レースのInc平均:5.92
--
Oval SR:クラスA 2.57
Oval iRating:2369
Oval 戦績
・242戦14勝
・5位以内 37.59%
・1レースのInc平均:3.47
※鋭気を養っとる

iRacing用語

SR
→ Safty Rating。その人の安全度のポイント。レースで最下位でも無事故ならSR値はどんどん上がる。Pro、A~D、Rokieとランク付けがあり、ランクと点数の組み合わせで示される。クラスC 2.85とか。ランクによって参加できるシーズン戦(要は乗れる車)のレベルが高くなる。F1ならA以上とか。
iRating
→ 速さやレース上手さを示すポイント。2000以上で中級者、3000以上で上級者、かな。レースの順位が良ければ沢山もらえる。
Inc
→ インシデント。ミスや事故の係数。コースからタイヤはみ出して1、車ぶつけて4とか。レース後とかのSR値増減の算出に影響する。
シーズン戦
→ 3か月で1シーズン。同じ車で12週(12コース)レースする。上位8戦のポイントがシーズン戦の成績として採用され、その合算を争う
Champ Pts
→ 多分チャンピオンシップポイント。シーズン戦のポイントのこと
SoF
→ Strength of Field。そのレースの出場者のレベルを示す。~1500だと初心者が多く。2000程度で中級者が増え、2500程度で上級者が複数名、みたいな。SoFの高いレースで成績が良いと、iRatingやChampPtsが沢山もらえる
Split
→ 例えば20人定員のレースで40人の参加者が居る場合、20人ずつ2レースに分割(Split)されてレースが開催される。分割の仕組みはiRating順。この例だと上位20名、下位20名で分割される

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。